BLOGブログ

市販のシャンプー(石油系界面活性剤)を使い続けると

2019.02.10スタッフ日記
オーナーの川勝です。

シャンプーを選ぶとき、何で選ばれますか?

香り・成分・パッケージ・コマーシャルで宣伝してたから・・・


毎日使っているシャンプー。成分を良くご覧になったこと、ありますでしょうか?
私たちの身の回りの石鹸類・洗剤類には「界面活性剤」という成分が必ずといって良いほど配合されています。

界面活性剤とは、水・油両方になじみやすい構造を持っている物質です。
ですので、汚れを落とすものには欠かせない存在なのです。

また、一口に界面活性剤といっても、その種類は大きく分けて4種類と言われています。
一番強い洗浄力も持つのは石油系界面活性剤です。
こちらは良く、台所用洗剤・匂いの強いシャンプー・安価なシャンプーなどに含まれています。

その中でも、特に肌の弱い方が注意が必要と言われているのが、「ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Na」と表示されてる石油系界面活性剤です。
この2つは、非常に強い洗浄力を持っています。

台所で洗剤を使って食器を洗った時、手が荒れてしまった・・という経験、お持ちではないでしょうか。
あれは、石油系界面活性剤の洗浄力が強すぎ、手の皮脂まで奪ってしまったからです。

これらの界面活性剤を含んだシャンプーを使っていると、その手の状態が頭皮にも起こります。頭皮にあるべき皮脂まで落としてしまうと、逆に炎症が起こり、フケやかゆみ、髪頭皮の乾燥の原因になります。


健康な頭皮から健康な髪が生まれるのでシャンプー裏の成分を良くチェックしてから商品を購入してください。

アンリササラのヘアサヴォンは良質な天然アミノ酸の界面活性剤を使用。
髪に優しい成分なのでからーの色落ちも気にならない。

ノーベル化学賞を受賞した頭皮の酸化を防ぐフラーレン配合で
最近、髪が痩せてきた、抜け毛が気になる、エイジングケアまでもできる優れものです。


商品はこちらからどうぞ










BACK LIST